医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

医学部生は第二外国語をドイツ語にすべきか

今回は、「医学部生は第二外国語をドイツ語にすべきなのか」という事について記事にしていきます。

 

昔は「医学=ドイツ語」だった!

その昔、医学はドイツで発展していました。細菌学・微生物学はドイツでバンバン進歩していました。

(注1:当時の医学の流行は微生物学であった。)

(注2:ドイツで微生物学が発展したように、イギリスでは、「公衆衛生学」が発展していった。ただ、公衆衛生学は統計学的側面が強く、「科学」として広く認められることはなかった。「医学」の主流はやはり微生物学であった。)

つまり、「医学=ドイツ」だったのです。

そのため、昔、カルテでは、専門用語をドイツ語で書いていました。そのような経緯もあって、「医学=ドイツ語」のイメージは今なお残っていると言えるでしょう。

現代の学生はドイツ語を学ぶ必要はない!

現在はどうでしょう?

ほとんどすべての発表は「英語」で行われています。専門用語として使う時も、日本語か英語、先生の趣味でラテン語が出てくるくらいです。(現在、医学を学びながらラテン語も学んでいては時間に余裕がないため、ラテン語まで学んでいる学生はほぼいないと言ってよい。)

つまり、「医学=ドイツ語」の時代はとうに過ぎ去っています。

医学部生が第二外国語としてドイツ語をとる必要はないです。

第二外国語は何をとるべきなのか

ここまでで「『医学=ドイツ語』のイメージはあるかもしれないが、必ずしも第二外国語でドイツ語を選択する必要はない」という事は分かっていただけたと思います。

では、どの第二外国語を選択すればよいのでしょう?選択の方法は主に二つあります。

  1. 興味のある言語に触れてみる
  2. 授業が簡単・試験が簡単な授業をとる

このふたつです。ただ、個人的には後者をお勧めします。ではその理由について見ていきましょう。

 

興味のある言語に触れてみる

第二外国語の選択の仕方の一つとして、「興味のある外国語を学ぶ」という選択肢がありますが、あまりお勧めはしません。

なぜなら、勉強し始める前は「この言語の勉強をしたい」と思っていても、いざ勉強しだすと、「あれ、あんまりおもしろくないな」なんてことはざらにあるからです。

特に医学部生は、第二外国語まで学んでも、それを活用する機会はほとんどありません。学校で第二外国語を学んだとしても、すぐに忘れてしまいます。

「第二外国語に対して興味を持ち続けて、勉強を続ける」ということは至難の業です。あまり自己の興味を過信しすぎず、堅実単位を取得する方が賢明でしょう。

授業が簡単・試験が簡単な授業をとる

これが最も賢明な第二外国語の選択の仕方です。

第二外国語を学びたいなら、(挨拶の仕方など分かるようになりたいなら)市販の本を買って読んだ方がよほど役に立ちます。

単位を確実にとるために、授業・試験が簡単な授業をとるようにしましょう。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ