医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

医学生にはわからない大学事情

これまでいろいろと、医学生の解釈(ブログ)にて、大学生事情などを書いてきましたが、「『大学生なのに』分からない世界」もあります。

今回は、「医学生にわからない大学事情」を書いていきます。

あくまで、僕のイメージについて書きます。内容は大いに違っていると思います。ただ、適当な思い込み(解釈)を書きます。

卒論

医学部卒業の条件~卒論はない

医学部に卒論はありません!

代わりに卒業試験があります。医学部では、この卒業試験に合格したら卒業できます。

そこから更に、医師国家試験に合格して、はれて研修医への道が開けるのです。

卒論のイメージ

卒論のイメージとしては、「1年くらいかけてやる、本気のレポート」というイメージです。

ただ、大学ごとに卒論のレベルは違うだろうし、卒業か否かがそこで決まるのかあ、なんて印象を持っています。(やっぱり大学が学歴で重視するのもうなずける!?)

卒論は大変な印象です。「『卒論』=『大変』」のイメージは変わりません。

卒論が嫌なら医学部に行きましょう!(提言)

 

ゼミ

全く僕の人生に関係がなさそうです。

1年生の一般教養を学んでいるときに、少人数で学部の垣根を越えた、「ゼミを模したもの」は体験しましたが、そんなによくわかっていません。

その「ゼミを模したもの」では、行く研究室ごとに、授業ばかりだったり、フィールドワークがあったり、自分たちで好きなことを発表する、なんて感じでした。

なので、個人的には、ゼミの印象は「行きたい研究室で、先生の指導の下、先生の自由にしたがっていろいろする」みたいな感じです。

激しい就活

医学部の就活

「医学部に就活はない」なんて言いますが、あります。

「マッチング」です。(研修先の病院を決める)

ただ、激しくはないと思います。

就活で失敗する人はほとんどいません。

僕の大学では、「研修先は市中病院に行け!(注:市中病院はよくある、まちなかの、大学病院でないおっきめの病院)いつか大学に帰ってきてもいいよ」みたいなスタンスです。

なので、皆市中病院を受けますが、失敗したら(市中病院に受け入れてもらえなかったら)、大学病院から救いの手が差し伸べられる(大学病院で雇ってもらえる)らしいです。

大学病院は正直、あまり人気はありません。

給料が安かったり、環境が微妙だったりみたいな?(詳しいところはまだよく知りませんが。施設としては素晴らしいけど給料が・・・とは聞きます。)

あまり、市中病院にない科に将来進みたい人が大学病院を選ぶイメージです。(内科、外科なんかは、どこにでもありそうだが、皮膚科とかは市中病院には少ない)

研修先を決めるマッチングでは、大学病院とは反対に、「皆から人気な病院」なんかもあるわけです。そういう「人気病院」の倍率は結構高めで、試験などを課せられたり、大学の成績を見られたり、どこの大学出身か見られたり(大学系列病院は今でもある印象)

 

都市部の倍率は高いとよく聞きます。

就活のイメージ

就活には、

  1. 「バイトリーダーしてました。」
  2. 「部活で部長してました。」
  3. 「そこでトラブルが起きましたが、私は話し合いで解決させました。

と言う!ってな印象です。

ここであえて、「大学は勉強の場なので、勉強しまくり、論文もたくさん出しました。」とか「トラブルが起きたとき、僕の指導の下、組織を変えました。」

なんて言う人いないのかな?とかみんな同じこと言うなら、逆を突いた方がインパクトはあるのではないかな?とか妄想してます。

浪人事情

医学部では現役で医学部合格する人はそこまで多くはないです。(以下の記事に多少書きました)

1浪2浪3浪までは余裕でいます。(3浪までくるとさすがに少ないか・・・?)

しかし、医学部でない人と話をすると、「浪人してる人は、頑張ってるよねえ。」「受験でよく素コアで頑張れるよねえ」みたいな印象を持たれていると知りました。

ほえーそうなのかと。(医学部では浪人はそこそこ当たり前)そういうところでも違いはあると思います。

まとめ

以上、医学生には分からない大学事情でした。

医学部に入るときには、このような経験ができないことは、肝に銘じておいてください。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ