医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

健康とは?正常とは?normalとmal WHO!?

今回は「健康とはなにか?」について考えたいと思います。

 

健康ってなんですか?

考えてみれば・・・?

さて、健康ってなんでしょう?

考えてみて下さい。自分は健康でしょうか?

  • 「風邪ひいてないし健康だろう」
  • 「怪我してないし、健康かな」

こんな答えが多いでしょう。

怪我や病気をすれば「健康ではない」ことはわかりますが、「健康とはなにか?」と聞かれれば難しいものがあります。

 どうしても「〇〇(病気や怪我)でない」ということが健康であると認識するしかありません。

英語でも

健康、普通、を英単語に直せば、"normal"です。

ただ、これも「〇〇(病気や怪我)でない」の考えに基づいてしまっています

normalという単語はNo+malと2つに分けられます。「malではない」ということです。

malについて詳しく見てあげれば、

  • malnutrition栄養不良
  • maladjusted適応できていない
  • malformed奇形の
  • malfunction機能不全

このようにmalには、「悪い、異常」という意味があるのです。

つまりnormalという英単語すらも「普通である」ということを「悪くはない」と定めているのです。

しかし、このような定義は変わってきているのです。

WHOで変えられた健康の概念

そんなこんなで、「〇〇(病気や怪我)でない」ことが健康であるとされてきていたのですが、WHO(World Health Organization 世界保健機関)は以下のように健康を定義づけしたのです。

健康の定義についてWHO憲章では、その前文の中で「健康」について、次のように定義しています。

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity. 

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)

日本WHO協会HPhttp://www.japan-who.or.jp/commodity/kenko.html

 健康とは

  • 肉体的
  • 精神的
  • 社会的

に満たされた状態であること、と定義されたのです。

ここからwell beingという単語が生まれるなど、「健康」への考え方は大きく変わっていったのです。

皆様もぜひ、自分が健康か否かを考える時、多少の参考になさってみて下さい!

異常、「健康について考えてみる」でした!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ