医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

家の外でブログを書くと効率が良い~勉強法とブログ~どこで書く?

私は最近、「家でブログを書かない」ことを自分に課しています。今回は「ブログをどこで書くべきか」という内容で記事を書いていきます。

 

勉強と同じ!ブログも家で書く必要はない

以前「勉強場所」に関して記事を書きました。

www.medudent.com

ここで、「勉強する場所としての好条件はこんなところである」と書きました。(以下)

好条件

勉強する場所としては、
  • 温度調整が十分になされている
  • うるさすぎない
  • ネット環境の有無

このようなところがポイントになるでしょう。ネット環境はあればよいというものでもなく、僕なんかはインターネットがあれば遊んでしまいますからネット環境はないほうが良いでしょう。

私は、「ブログを書くにしても勉強をするにしても、集中して行ったほうが良い」「勉強がはかどる場所では、ブログを書くのもはかどる」と考えています。

家は絶対にダメ

勉強法に関して書いたときも書きましたが、まずは家を出るべきです。

まず家は出るべき 

まずは、家からは出たほうが良いでしょう。「家」という休む空間にいると、どうしてもグダーっとしてしまいます。

「朝に起きて、身なりを整えて、外に出て、勉強する」この一連の流れを習慣づけると良いです。

気分転換の他にも、他の人の存在のおかげで、がんばれたりもします。(ずっと一人でいると、グダーッとしてしまう)

家でブログを書くとしましょう。ブログは大抵、ネット環境の整った場所で書きます。

 

ただ、ネット環境が整っていると、我々はどうしても、

  • どうでもよい情報を調べてしまう
  • youtubeなど娯楽を楽しんでしまう

などしてしまいます。「ブログを書く」ということに集中しきることができないのです。

そのような「集中不足」を防ぐためには、まず、家を出なければなりません。

家から出たらどこで書くか

では、「家の外に出たらどこでブログを書くのか?」という話になります。

私は、「家の外ならどこでもよい」と考えています。今の時代、テザリングなどすれば、どこにいてもネット環境は整えられます。

ただ、欲を言うならば、思考のしやすい場所、例えば、「自分の職場の机」などはよく集中できる場所かもしれません。

他にも「ブログのアイデアが出てきやすい場所」「自分のブログと関連のある場所」もブログを書く環境としては最適でしょう。例えば、「全国の公園についてブログを書いている人」であれあ、公園でブログを書けば、良いアイデアが浮かんでくるかもしれません。

自分に合った場所を

何はともあれ(このような結論になるのは申し訳ありませんが)「自分イチオシの場所」を作るとよいでしょう。「勉強場所」同様、このような場所は多ければ多いほどよいです。

ぜひ、自分にあったブログ場所を探してみてください。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ